女の人

求人情報を探すなら|評判の高い工場求人ナビを利用しよう

  1. ホーム
  2. 工事現場のリーダーとは

工事現場のリーダーとは

作業員

工事現場の仕事

現場監督とはその名の通り、工事現場の監督をする立場のことです。一定規模の工事現場には、最低一人は現場監督者がいることが義務付けられています。現場監督の大まかな仕事内容についてご説明しましょう。まず現場での仕事は工事を予定通り進めるための計画の作成と施行管理、安全面の確認や品質の管理、作業員の技術指導などがあります。また、現場以外にも業務はあります。施行に関する計画書等、各種書類の作成や予算の管理、材料の注文なども現場監督の仕事です。この他、近隣住民からのクレーム対応や工事現場の地元住民への説明会なども行います。現場監督を目指すためには、長い期間の実務経験を積むか、資格を取得するかの2つの方法が考えられます。現場監督に必要とされる資格には、主に一級建築士や各種施行管理技士があります。いずれにせよ、たくさんの専門用語と知識を習得しなければなりません。また、多くの作業員をまとめる立場でもありますので、リーダーシップがとれることや作業員の信頼を得られる人柄も求められます。では、現場監督の求人はどのように探したらよいのでしょうか。建築業界は慢性的に人手不足とされていますが、現場監督の求人に関してはあまり多くないのが現実です。また、求人をかけている企業としては、知識や経験のある人材を求めていますので、将来現場監督を目指すのであれば若いうちから建設や土木関係業界に就職しておくことが重要です。業界に身を置いておくことで、求人も探しやすく採用も有利になります。